日々のこと

ヅカの「きのこ図鑑」ハナビラニカワタケ・キツネノエフデ

2010年9月30日
薄ピンクの綺麗なキノコ

薄ピンクの綺麗なキノコ

ヅカのきのこ図鑑。今日はハナビラニカワタケをご紹介します。雑木林の朽ちた枝や幹に発生するキノコでキクラゲの仲間です。クセもなく酢の物やお吸い物に合います。先日山に入った際、枝をかきわけようとしたら目の前で発見。湿っているときはゼラチン質が強く、グニュグニュとした感じです。

「キツネノエフデ」食用にには不向きです。

「キツネノエフデ」食用にには不向きです。

続いて、キツネノエフデ。食用にはなりませんが色形ともにおかしなきのこです。このきのこは強い悪臭を放ち、ハエなどの昆虫がこの臭気にひかれて集まり、胞子を体に付着させるというきのこ。何とも不思議なきのこです。食用でなくてもこういった面白珍しいきのこを見つけるだけでも、散策の楽しみですね。


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

*

このページの先頭へ