日々のこと

階段箪笥

2010年8月25日
階段箪笥

階段箪笥

小峯です。井仙の4階廊下に置いてある階段箪笥です。
階段箪笥はその名の通り、階段の下の空間を有効利用するために作られたもので建物の柱や壁と一体化したものと、移動できる置き型があります。江戸時代初めに狭い町屋で使われ始め、箱階段とも呼ばれていました。どっしりと存在感があるこの階段箪笥はきっと長い年月、人々の暮らしを見守ってきたのでしょう。

ひっそりとたたずむ階段箪笥。この雰囲気が井仙そのものなのかもしれません。


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

*

このページの先頭へ