日々のこと

井仙スタッフ ワイナリーに行く!

2010年5月2日
井仙スタッフ集合!今日は春の研修旅行です。

井仙スタッフ集合!今日は春の研修旅行です。

先日井仙恒例の春の研修旅行へ行ってきました。今回は新潟市のカーブドッチへ言ってきました。
日本のボルドーとも言われる程で、人気のワイナリーです。
温泉やエステ、ホテルなどワイナリーとは思えない程施設も充実して、県内外から多くの人が訪れる人気スポットです。
井仙メンバーは行きのバスからすでに宴会開始。盛り上がってます。

地下室で管理しているワイン。いったい何本あるのでしょう。

地下室で管理しているワイン。いったい何本あるのでしょう。

カーブドッチ到着後はワイナリー見学です。 中に入るとほんのりワインの香りが漂います。大きなタンクや貯蔵しているボトルがたくさん並び、つい飲みたくなりますが、見学後までおあずけ。 様々なワインが並び、中にはホコリをかぶった年代物もありました。

オーク樽がずらり。

オーク樽がずらり。

毎日1つ1つ管理して、微妙な品質の違いをチェックしているそうです。
美味しいお酒えお造るには地道な努力が必要ですね。
日本酒とワインの醸造がここまで根本的に違うとは思いませんでした。

見学後はランチとワインを堪能しました。

見学後はランチとワインを堪能しました。

見学後はレストランでランチ&ワインを堪能したスタッフでした。

つつみ/ぶどうの花が咲く頃にまた行きたいです。
梅 澤/旅行の幹事で大変でしたが、楽しい顔を見れて何より嬉しかったです!
小野塚/日本酒の醸造とは違い驚きの連続でした。スパークリングの製法に感動!
安孫子/マール(グラッパ)も忘れずにゲットー!
小 峯/うまし たのし 笑いし 飲みし 大好き♪
鈴 木/発泡ワインを斜めに立て、一つ一つ手作業をすりことを初めて知りました。
中 井/ワインの醸造やレストランでの提供を学び、すごく濃い1日となりました。

日帰りでも十分に楽しめますので、立ち寄ってみてはいかがですか。
カーブドッチホームページ


1件のコメント »

  1. ここで「上手いなぁ」と思ったのは、1万円のワインの樹のオーナー制度。

    会員になれば、以後10年間にわたり、@2000円相当のワインが毎年1本もらえる仕組みなのですが、2000円×10本だと、運用益を考慮してもワイナリー側はあまり儲けにならないのでは、と一瞬思ったけど、たぶんそうじゃない。

    これのポイントは、10年間のリピーターを作る事。わざわざ一本のワインを貰いに行って、他に何も買わずに帰る人なんて、まずいないでしょ。

    私も、ついつい会員になってしまいました。

    コメント by ぶう — 2010年5月4日 @ 10:14 午前

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

*

このページの先頭へ