日々のこと

6月猛暑のタケノコ採り

2011年6月11日

ヅカです。梅雨の開け間に毎年恒例のタケノコ採集です。この日の気温は6月なのに30度近くあり、暑さにはめっぽう弱い私はポイントに行くまでにグダグダになってしまいます。タケノコは山間部に群生し、ネマガリタケ、ヒメタケとも言います。 味は上品で灰汁がなく、山菜の王道です。

山の沢を登ること30分。ようやくポイントに到着。途中珍しい羽が落ちていたので、写真に収めます。この羽何の鳥かわかりますか? 答えは後ほど。
タケノコの美味しい食べ方↓
採ったタケノコをそのまま皮を剥かずにオーブンで5分ほど焼きます。表面に焼き色が付いたら、皮を剥いて何も調味料を付けずにそのまま食べます。
タケノコの甘さを存分に楽しんでください。宿酒仙七のとも相性抜群です。
羽の答え:ヤマドリです。

山の奥にはまだ残雪がありました。暑さを忘れさせてくれます。
タケノコの採集には意外な落とし穴があります。山間部の沢添いや林に発生していますが、山菜採りで遭難が多いのが、このタケノコ採りです。足元ばかり見て歩き、しかも山の中に入るので、いつの間にか元に居た場所がわからなくなってしまうのです。みなさん気をつけましょう。


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

*

このページの先頭へ