日々のこと

私たちの元気を被災地へ

2011年3月17日

東北地方太平洋沖地震では、お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災地の方々、ならびに災害復旧活動にたずさわる方々に心からお見舞いを申し上げます。
本日、新潟県旅館組合青年部の有志が集い、茨城県で被災された皆様へ救援物資を持って向かいました。毎日不安な日を過ごされている被災された方や関係者の方々へ、ほんの些細な事しかできませんが、少しでもお力添えが出来ればと願っております。

今回の救援物資の物資提供は新潟県旅館組合の団体が行っています。一般では直接受け入れはしていませんのでご注意ください。
緊急車両のマーク。中越地震では何度も見ましたが、まさかこんな事になるとは思いもしませんでした。心が痛みます。

今回持って行く物資は、ホテルで使っていない歯ブラシやタオル、化粧水のほか、魚沼産コシヒカリとタオル、毛布など数千です。こんな数ではまだまだ足りませんが、少しでも被災地の皆さんへのお役にたてればと願っています。

越後湯沢の各ホテルは全く被害も無く、通常営業しているものの、キャンセルが相次ぎ静かな町に一変しています。そんな時こそ、ただ待っているのでなく私たちが出来ることは助け合い励ましあうことだと思います。寒い日が続きますが、被災された皆様、災害復旧活動に携わる皆様の一日も早い復興をお祈り申し上げます。


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

*

このページの先頭へ