日々のこと

6月猛暑のタケノコ採り

2011年6月11日

ヅカです。梅雨の開け間に毎年恒例のタケノコ採集です。この日の気温は6月なのに30度近くあり、暑さにはめっぽう弱い私はポイントに行くまでにグダグダになってしまいます。タケノコは山間部に群生し、ネマガリタケ、ヒメタケとも言います。 味は上品で灰汁がなく、山菜の王道です。

山の沢を登ること30分。ようやくポイントに到着。途中珍しい羽が落ちていたので、写真に収めます。この羽何の鳥かわかりますか? 答えは後ほど。
タケノコの美味しい食べ方↓
採ったタケノコをそのまま皮を剥かずにオーブンで5分ほど焼きます。表面に焼き色が付いたら、皮を剥いて何も調味料を付けずにそのまま食べます。
タケノコの甘さを存分に楽しんでください。宿酒仙七のとも相性抜群です。
羽の答え:ヤマドリです。

山の奥にはまだ残雪がありました。暑さを忘れさせてくれます。
タケノコの採集には意外な落とし穴があります。山間部の沢添いや林に発生していますが、山菜採りで遭難が多いのが、このタケノコ採りです。足元ばかり見て歩き、しかも山の中に入るので、いつの間にか元に居た場所がわからなくなってしまうのです。みなさん気をつけましょう。

日々のこと

新潟を飛び出し北海道へ

こんにちは、料理長のクワさんこと桑名です。
先日6月4日 北海道滝川市 ホテル三浦華園にて 雪国米どころイベントに行ってきました。HATAGO井仙&ホテル三浦華園のコラボ料理と雪国の日本酒対決でした。
内容は、ホテル三浦華園さんは和食中華洋食のビュッフェで、私達井仙は新潟の郷土料理&お米料理のビュッフェを提供。
同じ雪国でもある北海道と新潟の食材やお酒をコラボしたイベントです。

イベント前日に北海道入りをしてミーティングを済ませ仕込み開始!材料は事前に下ごしらえした食材を宅急便で送ってあったのでまずは材料チェック。三浦華園さんは和食、中華、洋食、イタリアンすべての厨房が別れてます。もちろん料理長も4人いまして、みなベテランぞろい!緊張しつつも慣れない厨房でどうにか料理の仕込みも進みました。翌日にはイタリアのシェフと一日だけの井仙とイルチエロのコラボ料理ランチ&ディナーも控えています。

新潟料理は5品お客は140名気合い入れて朝から晩まで休憩なしで料理を仕上げました!もちろん一人でです!18時予定通り開演
三浦華園の料理長4人の真ん中に立ち会場入口でお客様をお出迎え、そしてプロの司会者進行でパーティーが始まりました!三浦華園の料理はさすがに豪華で…井仙は会場センターの特等席負けません!
味と言葉で勝負!

お客様はほとんどが滝川市民、皆さん新潟料理に興味を持ってくれて~やはり南魚沼産コシヒカリは最強でした!水と塩も全部新潟産を持って行き塩むすび!凄く評判よく他の料理も大好評で無事にイベントも終わりました。
HATAGO井仙は、「棒たら煮付けと野菜添え」、「日本海の幸にいり酒をかけたサラダ」、「コシヒカリ玄米と山菜のリゾット」、「コシヒカリをすり潰してカツオだしでのばしたスープ」、「煮菜&漬け物」、「コシヒカリ藻塩おにぎり」。
大盛況でした。

北海道滝川市 ホテル三浦華園さん
http://www.miurakaen.jp/

このページの先頭へ