日々のこと

春の訪れ~ふきのとう~

2011年4月24日

星野です。
雪解けの後に土の中から顔を出す『ふきのとう』春の山菜シーズンはふきのとうから始まります。山菜といっても、近所の田んぼのあぜにも生えているので、どちらかというと里菜?(そんな言葉はありませんが…)
ふきのとうは、キク科のフキ属で、フキの花のつぼみの部分。つぼみの外に何枚か取りまいている葉っぱのようなものは、苞(ほう)にあたります。私も近所を散歩しつつ、今年初の『ふきのとう』を取ってきました!枯れ草の下から顔を出し、ふっくらとしていて、柔らかそうでした。取れたての香りをかぐと、また春を感じます。

さっそく晩ご飯の食卓に、天ぷらになって、出て来ました。我が家ではふきのとうの天ぷらは、衣に味噌を混ぜるのが定番。ほんのり味噌の香りと、ふきのとうの香り&ほろ苦さが絶妙なんです!とても美味しく頂きました(*^_^*)自然の恵みって本当にありがたいです。

中井です。4月も中旬となり、ここ湯沢もようやく温かくなりフキノトウが出始め、春の訪れを感じます。
と言っても1000m以上の山にはまだまだ雪もありますし、桜もこれからですが…
この時期はすごく過ごしやすく気持ち良くて、近くを散歩するだけでも十分楽しめますよ~*
4月29日(金・祝)は湯沢中央公園で花まつり(飲食、花苗販売、ちびっこゲームコーナーなど)もあります。

むらんごっつぉでは春の山菜料理が楽しめますので、是非お召し上がりください。

このページの先頭へ