日々のこと

私たちの元気を被災地へ

2011年3月17日

東北地方太平洋沖地震では、お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災地の方々、ならびに災害復旧活動にたずさわる方々に心からお見舞いを申し上げます。
本日、新潟県旅館組合青年部の有志が集い、茨城県で被災された皆様へ救援物資を持って向かいました。毎日不安な日を過ごされている被災された方や関係者の方々へ、ほんの些細な事しかできませんが、少しでもお力添えが出来ればと願っております。

今回の救援物資の物資提供は新潟県旅館組合の団体が行っています。一般では直接受け入れはしていませんのでご注意ください。
緊急車両のマーク。中越地震では何度も見ましたが、まさかこんな事になるとは思いもしませんでした。心が痛みます。

今回持って行く物資は、ホテルで使っていない歯ブラシやタオル、化粧水のほか、魚沼産コシヒカリとタオル、毛布など数千です。こんな数ではまだまだ足りませんが、少しでも被災地の皆さんへのお役にたてればと願っています。

越後湯沢の各ホテルは全く被害も無く、通常営業しているものの、キャンセルが相次ぎ静かな町に一変しています。そんな時こそ、ただ待っているのでなく私たちが出来ることは助け合い励ましあうことだと思います。寒い日が続きますが、被災された皆様、災害復旧活動に携わる皆様の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

お知らせ

東北地方太平洋沖地震に関するお知らせ

東北地方太平洋沖地震では、お亡くなりになった方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、被災地の方々、ならびに災害復旧活動にたずさわる方々に心からお見舞いを申し上げます。

この度の東北地方太平洋沖地震、また長野県北部の地震の影響についてご連絡します。

【館内施設について】
ホテル内の被害は、物が倒れたり、一部ガラスが割れる程度の軽い状況でした。
ガラス破損などは全て修復が完了しております。
HATAGO井仙、魚沼キュイジーヌむらんごっつぉ、温泉珈琲水屋は通常通営業しております。

お知らせ

経営情報誌WIZBIZ(ウィズビズ)の取材

2011年3月5日

中小企業経営者向けの会員制経営情報誌「WizBiz」の取材がありました。
「後継者が行く!」というテーマで、会社継いだ経緯や心構えなどを、現在に至るまで苦労や出来事。ほか雪国観光圏での取り組みやいせんの方向性など、カメラマンを交えて取材をしました。

社長とスタッフの対談風景も撮影。調理スタッフを交えて緊迫したミーティング!と思いきや耳をすますと何やら雑談のようです。でも、いつもミーティングのとき緊張感をもって行っていますのであしからず。
今回取材いただいた会員制経営情報誌「WizBiz」のホームページはこちら⇒http://wizbiz.jp/Top.do

ヅカのフィッシングin魚沼

魚野川解禁しちゃいました。。。

2011年3月2日

今年もシーズン到来!例年は4月1日解禁でしたが、今年から実は3月1日が解禁となりました。
実は私ヅカも朝に友人から「今日から解禁だって」の連絡で知ったのでした。。。 しかも漁業組合員なのに。。。 昨年は例会など出席できなかったので、今年は参加するようにします。(反省) ともあれ、解禁日とあれば釣りに行かないわけにはいかないので、午後から行くことに。まずは上流部のポイントへ。今年は解禁までにスノーシューを買おうと考えていたのですが間に合わず、今日はウェーダーでの移動です。雪が深くヒザ上まで埋まるので、100m移動するだけで息があがってしまいます。(運動不足がここになってあらわに)

しばらくいいポイントを攻めましたが、時間帯も良くなく、気温も下がり悪条件。ここは見切りをつけて、次のポイントへと向かいます。続いて更に上流部へ異動。川の水も少なく、水の流れも緩やかなので、魚が居れば必ず出るといった状態です。すでに足はガクガクでしたが、好きな釣りには夢中になるせいか、軽やかです。(家に帰るとぐったりですが)
水も少ないためポイントを絞りキャスト。冬の釣りは魚の動きも鈍いのでルアーローテーションやポイントの通し方がポイント。先行者が居ても釣れるケースが多いです。ちなみにこの日は、足跡の数からすると私で4人目。ポイントへルアーを正確に投げてタイトに攻める釣りを心がけます。

良いポイントがあり大きな石際へキャスト。アップからピンスポットで狙いに入り、若干弱めのトゥイッチで通すと鈍く重い当たりが竿先に伝わりました。グンと下にもぐるような当たりはネットオーバーの冬岩魚34cmでした。解禁日の初キャッチは心地良いです。今年はどんな魚に出会えて、どんな釣りになるのか。今から一人ワクワクしているヅカです。また皆様へ釣り情報を提供しますので、ポイントやルアーなど聞きたい方はお問合せください。⇒info@hatago-isen.jp

このページの先頭へ