三輪日記

情報の一元化

2010年5月1日

先日、家族を連れて会津若松市に旅行に出かけました。 会津若松は白虎隊の舞
台として有名ですが、安土桃山時代から江戸にかけて多くの偉人所縁の場所も多
く残っている地域です。

今回は市内の近くの東山温泉に宿泊し、翌日会津若松市内を散策することにしま
した。 こちらの会津若松も湯沢と同じく、観光庁が認定した観光圏整備事業に
よる観光圏連携を行っており、以前に私も事業の取組方法についてお話を伺った
こともありました。

改めてお客様の視点に立ち返るということで、ホテルのロビーにあるパンフレッ
トを見ながら情報収集。 ホテルにあるパンフレットラックは綺麗に整理されて
いましたが、掲載しているパンフレットの中身の情報はまちまち。  結局はラッ
クにあるパンフレットを全部集めて畳の上に広げてみることに。 いろいろと見
比べてみること30分。 それぞれが自分達の売り込みばかりのパンフレットで、
なかなか他の観光地との位置や全体図がなかなか分からない。 結局はパンフレッ
トはすべてゴミ箱に、代わりに近くのコンビニエンスストアでガイドブックを購
入して観光情報を収集することにしました。

うーん。。。つくづく考えさせられました。

商売をする上で自社をPRすることは当然のことですが、それぞれの事業が一元で
整理されていないと、その地域全体のイメージがなかなか伝わってきません。
以前立ち寄って話を聞いたことがある私でさえも、そうなのだからきっと初めて
お越しになるお客様であればなおさらのこと。 情報の一元化の重要性を改めて
認識しました。

近隣市町村が共同で印刷物を作ったり、他団体や企業が協働して情報配信するこ
とで、お客様にとっては使いやすく、またよりその地域の魅力が伝わるパンフレッ
トも作れるはず。 自分自身においては、無料のチラシよりも有料の情報誌の方
を必要としていたのですから。。。

各自の商売が成り立たなければ、まちづくりもできませんが、まちのとしての魅
力が伝わらなければ、商売も成り立たない。 しかし情報の一元化することで、
地域の魅力より訴求させるだけでなく、収益事業にまで事業が展開できる可能性
さえ開けてきます。 これからのまちづくりにはここにこそのテーマがあるんだ
ろうと思いました。

このページの先頭へ