ヅカのフィッシングin魚沼

CANADAじゃないぜ、魚沼だぜ!

2009年5月20日
手付かずの自然が残る銀山

大自然が残る銀山

【2009年5月18日】
ここはヨーロッパでもカナダでもありません。魚沼ですよ!
今日は魚沼でも絶景を眺められる「奥只見湖」(銀山湖)へやってきました。今回は銀山平で旅館を営んでいる若旦那と同行し、幻の大岩魚を狙います。それにしても素晴らしい景色。越後三山に囲まれ、尾瀬も眺めることができます。早朝4時30分、奥只見はとにかく寒い。ボートも霜で真っ白。吐く息も真っ白です。防寒対策は必須。真冬の装備です。

銀山の岩魚

銀山の岩魚

出航して30分。ポイントへ到着。すぐにミノーをキャストすると大型の岩魚がチェイス!手元で食いついたものの、フッキングせず逃げられてしまいました(残念)。少しポイントを休ませ、再びポイントへ。
早速若旦那にヒット!いいな~と思いながら私もルアーを投入!すると竿がグッっと重くなり、暴れている魚が伝わってくる。無事ランディングすると46.5cmの岩魚でした。銀山ではアベレージサイズですが、久々の銀山を堪能することができました。

協力: 奥只見山荘
ボートのレンタルはもちろん、銀山のコアなポイントを親切に教えてくれます。日本百名山の駒ケ岳、平ヶ岳のトレッキング宿にも最適です。*ボートの運転には小型船舶免許が必要です。

このページの先頭へ